[bike] ヤマハ YAMAHA SPARK135 基本情報

YAMAHA SPARK135

SPARK135はYAMAHA Thailand(ヤマハ発動機タイ現地法人)が2005~2014年に生産・販売していた小型バイクです。
このページではSPARK135に関する基本情報と画像付きでの車体解説を、約9年間所持していた元オーナーの私が紹介します。

SPARK135 概要

引用元 : YAMAHA ผู้ผลิตและจำหน่ายรถจักรยานยนต์ มอเตอร์ไซค์ชั้นนำของประเทศ | บริษัท ไทยยามาฮ่ามอเตอร์ จำกัด (yamaha-motor.co.th)

ASEAN地域の所得向上と二輪車需要増加を背景に、ヤマハ発動機が従来の110~125ccモペッドの枠を超える新型車として4ストローク135ccモペッド「T135」を開発。
「T135」は2005年から主にASEAN各国で市販化され、タイではSPARK135という車名で発売されました。

当時のモペッドの主流だったアンダーボーンフレーム+ロータリーミッション(4速)を踏襲しつつ、DiASilシリンダーと鍛造ピストンを採用した新設計の水冷4ストローク4バルブ135ccエンジン、モノクロスサスペンション、新排ガス規制対応キャタライザー等を採用。5速マニュアルやキャストホイールを採用するバリエーションも増え、2008年からはインジェクション仕様がラインナップ。
SPARK135はタイヤマハの主力モデルとして好調な販売台数を維持していました。
他国の「T135」はモデルチェンジを繰り返しリアディスクブレーキやチューブレスタイヤも採用されましたが、タイだけは細部の仕様変更が行われたのみでフルモデルチェンジされないまま2014年頃まで販売され、後継車のEXCITER150登場とほぼ同時にSPARK135は生産終了となりました。

SPARK135 各部詳細(画像付き)

私がかつて所有していたSPARK135(2008年式・キャストホイール+インジェクション+4速ロータリー仕様)の画像付き各部詳細です。

外観

ASEAN地域で当時の最も普及していたアンダーボーンタイプ。
スーパーカブとほぼ同じ寸法に収まる。

エンジン

水冷 4ストローク SOHC 4バルブ 単気筒
134.4cc(ボア54.0mm x ストローク58.7mm)
12.6PS(9.3kW) / 8500rpm
12.28Nm / 6000rpm

インジェクション仕様ながらセル・キック併用。

135ccエンジンとしては大きめのラジエーター
この裏側にファンが装備されていてカウル右側の穴から排熱される。

マフラー

右側一本出し。排気音は極めて静か。
エキパイの途中に触媒が装備され排ガス規制Euro3に対応。マフラーカバーにはwith CATALYZERの文字。

サスペンション

[前] 正立フォーク
[後] シングルショック (モノクロスサスペンション)

アジャスト機能は一切無し。

ホイール・タイヤ

[前]1.20 x 17
[後]1.60 x 17

共にタイENKEI製のホイール。

タイヤ
[前] 60/100-17 (チューブタイプ)
[後] 80/90-17 (チューブタイプ)

前輪はスーパーカブ50(AA09)、後輪はスーパーカブ110(JA59)と同一サイズで選択肢は豊富。
スピードレンジを考慮しなければ [前]2.25-17/[後]2.50-17 の廉価ビジネスタイヤも装着可能。

ブレーキ

[前] 片押ピンスライド1ポッドキャリパー(TOKICO)+220mmシングルディスク(SUNSTAR)
[後] ドラムブレーキ

変速装置

4速ロータリー仕様で操作方法はスーパーカブと完全に同じ。
シフトペダルはシーソー式でUP/DOWN共に踏んで変速する。つま先だけでの操作も可能。

ヘッドライト・テールライト

ヘッドライト
センターライト1灯(12V-32/32W)
ポジションライト2灯(12V-5W)
ウインカー2灯(12V-10W)

テールライト
ストップランプ1灯(12V-21/5W)
ウインカー2灯(12V-10W)

メーターパネル

180km/hスピードメーター・燃料計・オドメーター・ギアインジケーター
ウィンカー・ハイビーム・水温警告灯・インジェクション警告灯

ハンドル

[左] Hi/Low切替スイッチ・ウィンカースイッチ・ホーン
[右] イグニッションスイッチ

ハンドルに装着されるミラーはヤマハのM10x1.25逆ネジ仕様。

シート

細くて長いシート。
シート高は770mmで両足底がべったり着くほど足つきは良い。座り心地はやや固め。

シートは前端の蝶番を支点にして90度以上開き、前端部分の左右にヘルメットホルダー(という名の単なる突起)がある。
シート下にはバッテリー・ガソリンタンク・車載工具ケースが詰め込まれ収納スペースはほとんど無い。

ガソリンタンク

総容量3.6リットル。給油口がシート下にあるため荷物を積載している場合は給油の度に荷物を降ろさなくてはならずやや面倒。
キャップの91・E10の文字は以下の意味。
91…タイ国内で販売されるレギュラーガソリンのオクタン価(ハイオクは95)
E10…タイ国内で流通するエタノール10%混合ガソリン対応

サイドスタンド・センタースタンド

サイド+センターの両方が装備され実用性が高い。

バッテリー

新車購入時の搭載バッテリーはGTZ5S(SIAM GS BATTERY製) 12V / 3.5Ah。互換品は日本でも購入可。

タイ語表記

コーションラベルもマニュアルも当然ながら全てタイ語。

SPARK135 加速・最高速

私が自分のSPARK135で測定した0-100km/h加速はメーター読みで14.4秒。ただし、このメーターは誤差が激しく「メーター表示の100km/h≒GPS計測で120km/h」のため実際の加速はもっと遅いでしょう。
最高速は測ったことはありませんが他国オーナーがYouTubeで公開している最高速チャレンジを見ると実測で110km/h程度のようです。メーターに刻まれた180km/hは絶対に出ません。

SPARK135 仕様バリエーション

SPARK135は同じフレームとエンジンをベースにして豊富なバリエーションがラインナップされていました。

変速装置
・5速マニュアル仕様
・4速ロータリー仕様

ホイール
・スポークホイール仕様
・キャストホイール仕様

燃料供給装置
・キャブレター仕様
・インジェクション仕様

引用元 : YAMAHA ผู้ผลิตและจำหน่ายรถจักรยานยนต์ มอเตอร์ไซค์ชั้นนำของประเทศ | บริษัท ไทยยามาฮ่ามอเตอร์ จำกัด (yamaha-motor.co.th)

初期型新発売当時(2005年)はキャブレター+スポークホイール+変速装置2通りのみで、2007年からキャストホイール仕様、2008年からインジェクション仕様が追加されました。その後スポークホイール仕様と5速マニュアル仕様はラインナップから外れ、モデル末期(2014年)は全車がインジェクション+キャストホイール+4速ロータリーとなっていました。

SPARK135 販売国別の車名と販売状況

ヤマハ発動機コードネーム「T135」はほぼ同一の車体でありながら販売国により別々の車名が付けられています。

  • SPARK135 (タイ)
  • JupiterMX135 (インドネシア)
  • 135LC (マレーシア)
  • Exciter135 (ベトナム)
  • SniperMX135 (フィリピン)
  • CryptonX (ギリシャ)

タイ仕様のSPARK135はフルモデルチェンジしないまま2014年頃に生産終了しましたが、他国ではモデルチェンジを繰り返しつつ販売が続きました。その後は150ccや155ccの後継マシンにその系譜が引き継がれ現在(2023年時点)はマレーシアの135LCのみが継続販売されています。

SPARK135 日本での販売状況

SPARK135を含む「T135」はヤマハ発動機(日本)の製品ですが日本市場では正規販売されず、日本国内の小規模店舗が独自に輸入・販売していました。
日本では知名度がゼロに近く、中途半端な排気量、馴染みの無いアンダーボーン車、正規販売車に比べて貧弱なサポートやパーツ供給体制等により月に数台しか売れなかったようです。

現在、日本国内に流通するSPARK135の中古車両はタマ数が極めて少なく、その中古車両の情報を確認すると

  • スポークホイール+キャブレター仕様(おおよそ2008年式以前)
  • キャストホイール+インジェクション仕様(おおよそ2008年式以降)

のほぼ2通りで占められています。

SPARK135 CM・広告

SPARK135発売当時にタイで人気だったロックバンドBodyslamがタイヤマハ公式サイトや公式CMに起用されていました。

引用元 : YAMAHA ผู้ผลิตและจำหน่ายรถจักรยานยนต์ มอเตอร์ไซค์ชั้นนำของประเทศ | บริษัท ไทยยามาฮ่ามอเตอร์ จำกัด (yamaha-motor.co.th)

SPARK135のCMにはBodyslamのBGMが起用されメンバーも出演していました。

また、2008年からは当時MotoGPヤマハ契約ライダーValentino RossiがSPARK135(を含む各国の「T135」)の広告に登場しています。RossiのDUCATI移籍後はJorge Lorenzoに交代となりました。

引用元 : YAMAHA ผู้ผลิตและจำหน่ายรถจักรยานยนต์ มอเตอร์ไซค์ชั้นนำของประเทศ | บริษัท ไทยยามาฮ่ามอเตอร์ จำกัด (yamaha-motor.co.th)
引用元 : YAMAHA ผู้ผลิตและจำหน่ายรถจักรยานยนต์ มอเตอร์ไซค์ชั้นนำของประเทศ | บริษัท ไทยยามาฮ่ามอเตอร์ จำกัด (yamaha-motor.co.th)

SPARK135の兄弟マシンであるJupiterMX135の販売国インドネシアでは現地TVCMにRossiが出演しています。

SPARK135 日本人開発チーム 

日本では販売されず存在さえほとんど知られなかったSPARK135は、ヤマハ発動機の日本人チームにより日本国内で研究開発が行われました。ヤマハ発動機の日本語公式サイトにもニュースリリースが発表され、T135特集ページも開設され開発者インタビューが日本語で掲載されていました。

引用元 : ヤマハ発動機株式会社 (yamaha-motor.co.jp)

SPARK135の技術解説動画(タイ語)の後半に日本人スタッフへの貴重な日本語インタビュー映像が残っています(動画6:09~)

SPARK135 スペック

私がかつて所有していたSPARK135(2008年式RX135i)のスペックです。
※仕様や年式によりスペックが大幅に異なる場合があります。

車名(コード)SPARK135 (2S51)
メーカーYAMAHA Thailand
生産国タイ
全長1945 mm
全幅705 mm
全高1065 mm
シート高770 mm
軸距1245 mm
最低地上高140 mm
車両重量105 kg
最小回転半径1.9 m
エンジン形式水冷 4ストローク SOHC 4バルブ 単気筒
総排気量134.4cc(ボア54.0mm x ストローク58.7mm)
圧縮比10.9
最高出力12.6PS(9.3kW) / 8500rpm
最大トルク12.28Nm(1.25kgfm) / 6000rpm
燃料供給方式インジェクション
使用燃料種類レギュラーガソリン(タイ国内91/E10対応)
燃料タンク容量3.6L
トランスミッション4速ロータリー
冷却方式水冷
フレーム形式鉄パイプ構成ダイヤモンド型フレーム
フロントサスペンションテレスコピック正立フォーク
リアサスペンションシングルショック (モノクロスサスペンション)
ホイール[前]1.20×17 / [後]1.60×17
タイヤ[前] 60/100-17 / [後] 80/90-17 (チューブタイプ)
前ブレーキ片押ピンスライド1ポッドキャリパー+220mmシングルディスク
後ブレーキドラムブレーキ
メーカー希望小売価格52500バーツ(YAMAHA Thailand 2008年当時)

SPARK135 元オーナーとして

「短距離の高速も走れて小型の足代わりバイク」が欲しいという理由でSPARK135を買い、予想以上の使い勝手の良さと楽しさのせいで大型バイクに乗る機会も激減するほど乗り回すこととなりました。
大型バイクでは実現が難しかった宗谷岬年越ツーリングや伊豆大島ツーリングでも大活躍し、大型二輪免許を取得してからは大型バイク一辺倒だった我がバイクライフを激変させ、小型バイクに対する私の価値観も変えた秀逸なバイクでした。
タイやインドネシアへ旅行に行ったときには街中でSPARK135とその兄弟マシンのJupiterMXがまだ現役で大量に走っているのを見かけました。日本ではほとんど見かけないSPARK135もヤマハ発動機が本社を構えるこの国で末永く走り続けてほしいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました